コロナ対策

教員の転職【コロナ影響が深刻になる前に】始めるべき3つの理由とは

コロナの影響は、これからさらに学校の教育現場に大きな負担となっていきます。
消毒作業、教育課程が終われるかの焦り、たび重なる行事計画の練り直しなど、じわじわと教員を苦しめていきます。

学校の先生
学校の先生
教員だけど、コロナで学校現場が大変。

これまでの計画が倒れたり、3月までに教科書が終わるかも分からない。不安だらけ…。

桜木きよ
桜木きよ
こんにちは。桜木きよです。

毎年、何度も教員からの転職を考えています。

コロナの影響は、これから学校の先生たちをどんどん苦しめていきます。転職を考えるなら、コロナの影響が深刻になる前がおすすめです。

この記事では、こんな疑問に答えます。

  • 深刻になる前に、教員が転職した方がいい理由とは?
  • なぜ、コロナの影響で教員の負担が大きくなるの?
  • 教員から転職した方がいいの?今、できることを教えて。

コロナによって、学校は授業のやりにくさ、行事の計画の立て直し、保護者からのクレーム対応など、多忙である教員がさらに多忙になります。

今年度をなんとか乗り切っても、来年度はまた別の方法を考えたり、より強固な対策を求められることがあります。
今後の教員の負担に押しつぶされる前に、教員の方は、ぜひお読みください。

教員の転職はコロナの影響が深刻になる前に始めるべき3つの理由とは

今年度は、まだコロナの対策について様子見であるところがあります。しかし、今後、転職を考えたくなるほどの負担が教員を待っています。

  • 授業や学校行事の練り直しがおおきな負担
  • 保護者からのクレームが強くなる
  • 学校現場の変わらない姿に葛藤する

授業や学校行事の練り直しがおおきな負担

これまでの例年通りが通用しなくなる。

3密を避けるためには、授業の形態を変えなくてはいけません。
教員の一人ひとりの授業スタイルの見直しが必要となります。

また、学校の行事は長い年月をかけて、見直されたり、手が加えられたりしているので、”例年通り”は誰がやってもうまくいく部分がありました。

しかし、今は0(ゼロ)からのスタートです。

車で例えるなら、これまでは運転すれば良かったものを、これからは車輪から作る必要が出てきます。

教員の負担はこれから大きくなるばかりです。

保護者からのクレームが強くなる

担任批判の隙(すき)が生まれやすくなる。

今、教員の社会的地位が下がってきて、学校や先生に対して不満をもつ保護者は年々増えています。

「○○先生は3密を避けるための対策がとれていない」「子どもを学校に行かせたくない」といった批判が生まれやすくなります。

コロナの対策と合わせて、担任の批判や指導に対する不満を、管理職や教育委員会にぶつけてくる保護者がこれから出てきます。

保護者対応に時間が取られ、教員の負担はさらに大きくなります。

学校現場の変わらない姿に葛藤する

コロナ対策をしようとしても、根本的な問題は解決されない。

学校は風土や文化を大切にする風潮があります。
そのため、今後、大幅に行事が削減されたり、教員の負担が軽減されることはありません。

コロナでなくなってしまった行事を復活させようとしたり、これまでの行事を強固にしようとして、さらに教員の負担が増えます。

「子どものために」は素晴らしい言葉ですが、その言葉が教員自身を苦しめることに繋がる危険性があります。

知らず知らず、どんどん教員が追い込まれる状態になる学校現場では、教員の負担は増大します。

桜木きよ
桜木きよ
教員の負担がどんどん大きくなる現場で、たくさんの仕事量やクレーム対応をしていると、転職を考えてしまいます。

なぜ、教員の負担は増えるばかりなのかを解説

社会の目がよりシビアになるから。

「コロナ失業」と言われるように、日経新聞によると、「令和2年5月の完全失業者数は197万人」と、コロナの影響を大きく受けている人たちがいます。
職を失っている人たちからすれば、教員の優遇は認めたくないものです。

政府
政府
コロナによって、学校の先生の負担が増えているから、教員の優遇を良くしようと思うんだけど…。
怒りの人々
怒りの人々
教員ばかり優遇を良くするのはずるい!みんな頑張ってるんだ。
政府
政府
教員だけの優遇を良くするのはできないなぁ…。

一般的に、日本の景気が悪くなると、教員を含む公務員への世間の目は厳しくなります。

教員から転職した方がいいの?コロナ禍で教員ができることとは

今、教員ができることは1つです。

コロナ禍をひたすら耐える。

コロナによる影響は、いずれ終わりを迎えます。
それまでは、ひたすら耐えましょう。

しかし、ずっと耐えるには、工夫が必要です。それは「心の余裕をもつ」ことです。
心の余裕をもつことで、多忙な日々でも追い込まれずに仕事をやり抜くことができます。
そのためには、選択肢を多くもつことが大切です。

選択肢をいくつかもっておくことで、追い込まれることを防げる。

これからの教員は負担が大きくなり、心の余裕をもちにくくなります。

しかし、選択肢をもっておけば、追い込まれずに逃げることもできます。

「教員を続けるしかない」という1つの選択肢よりも、「転職も考えてみる」と選択肢を広げることで、心に余裕をもつことができます。

転職を考えることは難しくありません。
ネットが発達した時代だからこそ、簡単に転職サイトに登録ができます。

転職サイトは無料なので、すぐに転職をしなくても、転職サイトに登録をしておけば転職に関する情報を、無料で得ることができます。

「教員しかない」という選択肢にこだわるよりも、「いつ教員を辞めてもいい、次の道は見えている」と考えれば、教員にとってつらいコロナ禍を耐えることができます。
心に余裕をもつ工夫をしましょう。

教員の転職はコロナの影響が深刻になる前に始めるべき<まとめ>

コロナによる影響が深刻になる前に、「転職」を1つの選択肢としてもっておくことは大切です。
教員には毎年、5000人近くのうつ病になる人がいます。
これから、さらに教員の負担が大きくなり、追い込まれる前に、転職を考えておくのも有効な手段です。

転職サイトなら無料で登録ができます。

転職を考えるときに、1つポイントがあります。

できるかぎり早めに行動する。

教員はとにかく時間がありません。
仕事に追われて、気付いたらぼろぼろになっているという前に、早めの行動を心がけましょう。

【診断】教員の能力で「本当に向いている」ことを知る方法とは
  • 教員が本当に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • 今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 周りにあれこれ言われて嫌になるのは、ただ単に自分に能力がないからなのかなぁ。
そんな悩みをもっている方に向けて、

『自分の強みを知って、自分に向いていることの見つけ方』

をお伝えします。
<診断>自分の強みを知る