資産運用

教員なら仮想通貨がおすすめ!忙しい教員でも簡単に取引ができる

教員は毎月ほぼ同じ給料がもらえる安定収入です。

しかし、教員の中でも暗号資産(仮想通貨)を持っている人と持っていない人では、数年後、数十年後に大きな差が生まれます。
*当サイトでは、「仮想通貨」とは暗号資産のことを指します。

学校の先生
学校の先生
教員って仮想通貨を持っていた方がいいの?
桜木きよ
桜木きよ
こんにちは。桜木きよです。

暗号資産である仮想通貨を2019年の秋から仮想通貨を始めて1年以上が経ちました。

始めは5万円投入して、1万円ずつ徐々に増やしていったところ、仮想通貨を持っているだけ、1年で3倍の値上がりになり、今では、150万円ほどになっています。

持っているだけで増えていく実感をすることができました。

この記事ではこんな疑問にお答えします。

  • 教員って仮想通貨を持っていたほうがいいの?
  • 教員が仮想通貨を持っていたときの感想を教えて。
  • 教員の仮想通貨って副業になる?

教員は普段、教室や職員室で過ごすことが多く、職場で仮想通貨についての情報はほとんど入ってこないと思います。

桜木きよ
桜木きよ
学校でたまに仮想通貨の話が出たとしても、「物好きな先生がいるんだな」といった程度だと思います。

しかし、長い目で見ると、仮想通貨は教員が必ず持っておいた方が良い資産の一つです。

この記事を読めば、

教員が仮想通貨をもつべき理由と、具体的な仮想通貨の運用例が分かる

と思います。
教員で、暗号資産(仮想通貨)に興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。

教員が仮想通貨をするメリット

教員が仮想通貨をもつメリットは3つあります。

仮想通貨の特別な知識や資格は必要ない

株のように企業を徹底的に調べる時間や、不動産のように特別な知識や経験などは、まったく必要ない。

仮想通貨は自分の好きなタイミングで買うことができるので、極端な話、「昨日より値下がりしているから買おう」「1時間前よりも値上がりしたから売ろう」といった感覚でも大丈夫です。

自分の好きなときに仮想通貨の価格をチェックをして、好きな分だけ買ったり売ったりすることができます。

仮想通貨は24時間取引ができる

4月や学期末などの教員が忙しい時にも取引ができる。

教員をやっていると、「あれ?もうこんな時間?働きすぎだわ」「今日は帰ったら、ご飯食べてすぐ寝るだけだなぁ」といったくらい忙しい時期があります。

株式投資の場合、株式市場が開いているのは9時~11時30分、12時30分~15時なのでリアルタイムに市場の株を購入することはできません。(*PTS取引除く)

しかし、仮想通貨の取引は24時間できるので、夜の寝る前や朝起きたときなどのちょっとした時間でチェックすることができます。

スマホで簡単にできるので、家でパソコンの前にずっと座っている必要もなく、忙しい教員にピッタリです。

将来の貯蓄になる

未来の通貨として価値がある。

仮想通貨は、コンビニやスーパーで使えることができないので、今はほとんど普及していない状態となっています。

知名度だけで、値段がついている状態です。

もし、仮想通貨が普段の生活の場面で使えるようになったら、多くの人が仮想通貨を利用するようになるでしょう。

そうなると、仮想通貨の価値が高まるので、将来の貯蓄となります。

桜木きよ
桜木きよ
2020年の10月に、PayPal(ペイパル)がビットコインによるネット決算での取り扱いをすると発表したときにも、ビットコインの価格は大きく上昇しました。

近い将来、コンビニでの暗号資産の決済を認めるとなったら、価格はもっと大きくなることでしょう。

教員が仮想通貨をするデメリット

教員が仮想通貨をするデメリットについてお話します。

仮想通貨は損失リスクがある

仮想通貨は値上がりすることもあれば、値下がりすることもある。

仮想通貨はあくまで通貨なので、需要と供給のバランスで、価格が値上がりしたり、値下がりしたりすることがあります。

銀行貯金と大きな違いは、仮想通貨は値上がりや値下がりがあること。

例えば、銀行に預けていても、大きく値上がることはありませんが、逆に、値下がることもありません。

しかし、仮想通貨の場合は値下がりのリスクがあります。

桜木きよ
桜木きよ
仮想通貨は、じわじわと値上がりを続けていますが、値下がることもあります。

仮想通貨に使うお金は、なるべく使いみちのないお金を使い、生活費は生活費で取っておくようにしましょう。

短期的な仮想通貨トレードでは教員は圧倒的に不利

教員は勤務時間や拘束時間が長いため、短期的な仮想通貨の取引は向いていない

仮想通貨の値上がりや値下がりは、予告もなく突然やってきます。

教員の仕事は、日中、スマホを触るどころか見ることすらままならないくらい忙しいため、仮想通貨の短期的な取引は向いていません。

こつこつと、「仮想通貨の一時的な下落があっても、長い目で見れば、じわじわと値がり続ける」という長期的な目線で仮想通貨を買い続ける方法がおすすめです。

操作ミスが起こることがある

僕の経験では、操作ミスによって知らずにビットコインを売ってしまったということもあり得ます。

桜木きよ
桜木きよ
ビットコインを意図せずに間違えて売ってしまい、1日で5000円の損失を出してしまったことがあります。

5000円の損失の画像
この日は、朝に操作ミスをしたまま、昼間は何も気づかず、夕方に何気なく見た時にマイナス5000円となっていたのはかなりショックでした。

操作ミスによって、マイナスとなってしまっても、泣き寝入りするしかありません。

初心者のうちは仮想通貨は小さい額から始めて、慣れてから大きな額を運用するのをおすすめします。

教員の仮想通貨は副業になるのか

結論から言うと、仮想通貨を買うだけでは副業にはなりません

仮想通貨を買い続けることは副業にはなりません。

しかし、売る時には注意が必要です。

20万円以上の利益が出た人は確定申告が必要となります。

1年で利益が20万円未満になるように、こまめに利益を確定するか、売らずに持ち続けるかをすると良いでしょう。

ちなみに、教員が副業で禁止されている行為は次の3つです。

教員の禁止されている副業について

  • 教員の職務専念を妨げる行為(勤務中の取引など)
  • 教員や学校を営利団体につなげて稼ぐ行為(保護者に仮想通貨をすすめるなど)
  • 教員の品位を下げる行為(コンビニでのバイトなど)

当たり前の話ですが、仮想通貨を始めても、教員の職務に専念をし、教員としての品位を下げることのないようにしましょう。

実際に教員が仮想通貨をやってみた体験談

桜木きよ
桜木きよ
教員を続けながら、仮想通貨をやってみた感想をお伝えします。

教員がやってみた仮想通貨の購入履歴を公開

いきなりですが、これまでの僕の仮想通貨の購入歴を公開します。
教員の仮想通貨の購入歴の画像
2019年の9月7日から仮想通貨の取引を始めました。

仮想通貨の口座開設には1,2週間かかるので、実際に仮想通貨の取引口座を作ろうとしたのは、8月の下旬です。

当時の僕
当時の僕
(当時の僕)やばい!夏休みもそろそろ終わりだ。

とくに夏休みはだらだらとしていたし、何かやることないかな。

といった感じでした。

せっかくの夏休みを何もせずに終わってしまうのはもったいないと思い、さっそく始めたのが仮想通貨でした。

きっかけは、以前、ブログをしているいろいろな職業の人たちが集まる飲み会に参加したとき、仮想通貨で「億り人」に一瞬なった人のことを思い出したことでした。

億り人とは
仮想通貨がまったく有名でなかったときから、すでに仮想通貨を持っていて、有名になり始めてから仮想通貨が爆上がりして1億円以上の大金を手に入れた人のこと

その飲み会であった人は、当時大学生だったころに、お母さんからのすすめで仮想通貨を1万円ずつコツコツと買ってたら、3000万円が手に入ったという話でした。

飲み会で会ったAさん
飲み会で会ったAさん
大学生のときのに、バイトで稼いだお金を1万円ずつ仮想通貨のビットコインに投入してたんだ。

10万円ほど投入したときに、ある日突然、ビットコインが値上がりしだして、1億円の価値にまで値上がったんだけど、少し様子を見たら、あっという間に値下がり始めたからだいたい5500万円のところでで日本円に換金したんだ。

そのあと、ビットコインだと税金が55%引かれて、残ったのは3000万円くらい。

そのときはもう大学生ではなく社会人だったんだけど、会社はブラックだったし、とりあえず会社を辞めたよ。

といった話でした。

飲み会は大盛り上がりで、ニュースで聞いた「億り人」って本当にいたんだなぁといった感じでした。

億り人を目の当たりにしたこともあって、僕は、2019年の夏に口座の開設を行い、秋からビットコインを買うようになりました。

教員を続けながら少しずつビットコインを購入

先ほどの画像の通り、2019年9月からビットコインを始めに5万円ほど投入しました。

毎日、値上がりや値下がりをするので、ある日は5万円以上の価値だったり、ある日は5万円以下の価値だったりしていて、安定していなかったことを覚えています。

桜木きよ
桜木きよ
(当時の僕)まあ、始めはうまくいくかどうかも分からないし…。

とりあえず、少しずつ様子を見ながら、ビットコインを買っていこう。

といった感じでした。

画像から見ても分かる通り、3週間ほど経ってから2万円を投入し、じわじわと値上がりを感じたので、9月から12月では、1か月5万円を投入しました。その後は、様子を見ながら2か月に5万円ベースでビットコインを購入しています。

ちょっと値上がりしたら10万円を突っ込むという方法ではなく、あえてコツコツと購入するようにしました。

桜木きよ
桜木きよ
自分でルールを決めて、そのルールに従って買うと、感情に流されずに計画的に買えます。

自分である程度、ルールを決めておけば、「損してしまったことで感情的になり、もっと大金かける⇒結果、値下がりしてさらに大損!!」ということを防ぐことができます。

桜木きよ
桜木きよ
僕のマイルールを紹介します。
  • 買いどきの時にすぐに買えるように、5万円くらいのまとまった日本円は仮想通貨の口座に入れておく
  • ビットコインの価格をこまめにチェックすると、ずっと気になってしまうので普段は気にしない
  • Twitterやネットでビットコインの価格が大きく動いたと聞いたときだけチェックする
  • ビットコインが大きく値下がりしたら1万円分買う

というルールでビットコインを購入した結果、もともとは50万円分のビットコインが、今では価格が3倍になっています。

1年でビットコインの価格が3倍になって150万円になった

桜木きよ
桜木きよ
今のビットコインの保有資産を大公開します。

教員の仮想通貨が3倍になった画像
2019年の秋から5万円ずつ投入して、合計約50万円分のビットコインに買った結果、日本円にして150万円になっています。

このときももちろん、教員として毎日忙しいなか働き続けていました。

そして、ネットやTwitterでビットコインが値下がったと聞いたときだけ、1万円ずつ買った結果、じわじわとビットコインの価格が上がり、今では150万円を超える額になっています。
2019年9月から2020年12月26日までのビットコインの価格の画像
ビットコインの価格は、途中で上がり下がりはありますが、長い目で見れば、じわじわと上がり続けています。

【更新】2021年1月末現在、その後もビットコインの価格は上昇し、日本円にして約200万円となりました。
ビットコインのチャートは、一時的に下落することもありますが、すぐに回復する気配があります。
2021年1月末のビットコインのチャート

今後は教員を続けながら、仮想通貨を買い続ける

教員を続けながら、仮想通貨であるビットコインを今後も買い続けます。

僕が、仮想通貨で判断するのは、「買うか」「買わないか」のどちらかです。

今の仮想通貨は認知度が高くなってきたため、「売る」としても、まだうまみがありません。

桜木きよ
桜木きよ
まだ世間に知られていない時代から、すでに仮想通貨を持っていた人は、仮想通貨が知られるようになってから「億り人」と呼ばれるように大きな利益を上げることができました。

しかし、今の仮想通貨はじわじわと値上がりしている時期です。

億り人になることを目指すよりも、仮想通貨がじわじわと上がっていくのに合わせて、教員は、値上がりの様子を見ながら仮想通貨を少しずつ購入していくのがおすすめです。

仮想通貨にかかる税金【教員も税金を払います】

仮想通貨の税金の画像
仮想通貨を日本円に換金した場合は、税金がかかります。

繰り返しになりますが、仮想通貨を買う場合は、税金はかからないし、確定申告の必要もありません。

しかし、万が一、仮想通貨を20万円以上換金する場合は、税金がかかります。

日本円に換金したときにかかる税金は額によって大きな違いがあります。

課税される金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 約9万7千円
330万円を超え 695万円以下 20% 約42万円
695万円を超え 900万円以下 23% 約63万円
900万円を超え 1800万円以下 33% 約153万円
1800万円を超え 4000万円以下 40% 約279万円
4000万円超 45% 約479万円

国税庁「所得税の税率」より

この表のように、もし、仮想通貨で1000万円の利益が出た時、33%の税金が引かれて、控除の約153万円が戻ってきます。

つまり、「1000万円×(1-0.33)+153万円=823万円」となり、823万円が手元に残り、177万円が税金として払わなくてはなりません。

桜木きよ
桜木きよ
仮想通貨がじわじわと上がっていっても、将来の通貨として持っておいた方が無難だと考えます。

教員の仮想通貨の始め方

仮想通貨の始め方の画像
教員の仮想通貨の始め方を解説します。

とはいえ、仮想通貨の始め方は、教員も一般の人も同じ流れになります。

桜木きよ
桜木きよ
仮想通貨の始め方はたったの3ステップです。

これから一つずつ解説しますね。

  1. 口座開設・本人確認
  2. 日本円の入金
  3. 仮想通貨の購入

仮想通貨の口座開設・本人確認

教員も一般の人も仮想通貨を始めるには、口座開設が必要です。

桜木きよ
桜木きよ
どこの仮想通貨の取引所で始めても、流れはだいたいどこも同じなので、1つの取引所を例に説明しますね。

例えば、OKCoinJapanで始める場合、まずは『無料口座開設』から、暗号資産つまり仮想通貨の口座開設を行います。
暗号資産の始め方の画像

「暗号資産」=「仮想通貨」と考えて良いわけ
ビットコインなどが初めて有名になったとき、日本では「仮想通貨」として世間に広く知られるようになった。しかし、2019年に国際基準に合わせるために、「暗号資産」として呼び方が変更となったが、世間ではまだ「仮想通貨」と呼ばれることが多い。

口座開設では、メールアドレスパスワードの登録運転免許証などの本人確認書類が必要です。

取引所から確認はがきが郵送で送られてくる

取引所が本人確認をすると、口座開設のお知らせが届くので、確認はがきを受け取ったら、取引ができるようになります。

年末年始などの期間でなければ、どの取引所もだいたい3営業日前後で確認はがきが届くようです。

仮想通貨の口座に日本円を入金する

取引所から仮想通貨の口座のお知らせを受け取ったら、日本円を入金します。

銀行のネットバンキングを使って日本円を振り込むことができます。

銀行のネットバンキングを普段使っていないという人は、コンビニからでも入金ができます。

教員が使いやすい仮想通貨の取引所とは

教員が使いやすい仮想通貨の取引所には3つの条件があります。

  • セキュリティは安全か
  • 手数料が安いか
  • 初心者に分かりやすいか

少額でも「仮想通貨のハッキングに遭った」「預けていた仮想通貨が盗られた」ということがないように、取引所のセキュリティは大切です。

また、手数料はネット口座の場合、手数料無料がほとんどです。しかし、取引所によっては、アプリを経由すると、手数料とは別にかかるお金(スプレッド)が高くなることがあるので注意が必要です。

そして、何よりも「初心者に分かりやすい」ということがいちばん重要です。

仮想通貨のことを聞きたくても、そもそも仮想通貨をやっている人がいないから聞けないこともあると思います。

桜木きよ
桜木きよ
教員で仮想通貨をやっている人ってまだまだ少ないですよね。

普段、教員は忙しくて、仮想通貨の情報は入ってこないのことがほとんどなので、初心者に分かりやすい取引所がいちばんおすすめです。

仮想通貨取引所:Coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)
おすすめ度:★★★☆☆(星3)
コインチェック

社名 コインチェック株式会社
業種 暗号資産交換業者
登録番号 関東財務局00014号
セキュリティの安全度 ★★★☆☆
(過去に流出事件あり)
手数料の安さ ★★★★☆
(販売所から購入すると高くなるので注意が必要)
取引ツールの分かりやすさ ★★★★☆
(チャット機能がついているので、周りの意見に流れやすい人は注意が必要)


coincheck(コインチェック)は、一度は聞いたことがある仮想通貨の取引所ではないでしょうか。

過去2018年に、外部からのハッキングを受けて、約580億円の仮想通貨NEM(ネム)が盗難されたことがありました。

現在は、セキュリティを強化して仮想通貨の取り扱いを行っています。

仮想通貨取引所:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
おすすめ度:★★★★☆(星4)
DMM Bitcoinのロゴ

社名 株式会社 DMM Bitcoin
業種 暗号資産交換業者
登録番号 関東財務局00010号
セキュリティの安全度 ★★★★★
(2段階認証あり)
手数料の安さ ★★★★★
(業界トップクラスの安さ)
取引ツールの分かりやすさ ★★★☆☆
(やや上級者向けの取引ツールが分かりにくい)


DMM Bitcoinは、取引ツールが「初心者から上級者まで納得のツール」となっているため、始めはデフォルトでツールを使って、慣れてきたらカスタマイズをする楽しみがあります。

仮想通貨のやり取りが多くなるほど、使い込んでいく楽しみがあります。

仮想通貨の取引をこれから本格的に始めようとする人にはおすすめです。

DMMは大手企業ということもあり、口座開設、口座維持の手数料無料などが、充実しているのも嬉しいです。

DMM Bitcoinなら取引手数料はもちろん、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料が無料。※BitMatch取引手数料を除く

仮想通貨取引所:OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)
おすすめ度:★★★★★(星5)

社名 オーケーコイン・ジャパン株式会社
業種 暗号資産交換業者
登録番号 関東財務局00020号
セキュリティの安全度 ★★★★★
(2段階認証あり)
手数料の安さ ★★★★★
(業界トップクラスの安さ)
取引ツールの分かりやすさ ★★★★★
(初心者向けの分かりやすい取引ツール)


OKCoinJapanは、性能の高いセキュリティがあるので、個人で購入した仮想通貨が流出するのを防いでくれています。

先述した取引所とは違い、2段階のアクセスとなっているので、世界トップレベルのセキュリティになっているのが特徴です。

また、分かりやすいツールのある取引所としても有名で、初心者に向いた「シンプルでわかりやすい」が売りの取引ツールがあるので、初心者がやりがちな操作ミスを減らすことができます。

初心者に分かりやすい取引ツールなら、「うっかり操作ミスをして5000円を失ってしまった」「単純なミスすぎて友達にも言えない」といったことを防ぐことができます。

教員の仮想通貨まとめ

教員の仮想通貨
  • いつでも取引できるので忙しい教員の資産運用に向いている
  • 仮想通貨は教員の副業にはならない(心配なら年間19万円までの利益に抑える)
  • 取引所を選ぶときは初心者に分かりやすい取引所を選ぶ

仮想通貨は、いつでも簡単に取引ができるので、教員の資産運用にピッタリです。

これまで、昔に比べると金の価値が値上がりしてきたように、最近では、仮想通貨は「デジタルの金」と呼ばれているのです。

今後も社会の技術が進歩し続けることを考えると、近い将来、仮想通貨が教員や社会に身近なものになっていくと思います。

また、仮想通貨の取引を始めるなら、手数料が無料で分かりやすい取引ツールがある取引所を選びましょう。

OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)は、初心者に分かりやすく、手数料が無料です。

 

仮想通貨を始めて、資産運用を増やしてみてください。

教員の資産運用について、さらに詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

教員は資産運用をきちんとやっておくべき!教員ができる資産運用9選教員の資産運用に関する多くの疑問をこの記事では解説していきます。「教員が資産運用した方がいい理由」「教員ができる資産運用は?」「やってはいけない資産運用は?」教員の資産運用が気になる方は、ぜひお読みください。...

表記注意
*当サイトでは、「仮想通貨」とは暗号資産のことを指します。

【診断】教員の能力で「本当に向いている」ことを知る方法とは
  • 教員が本当に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • 今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 周りにあれこれ言われて嫌になるのは、ただ単に自分に能力がないからなのかなぁ。
そんな悩みをもっている方に向けて、

『自分の強みを知って、自分に向いていることの見つけ方』

をお伝えします。
<診断>自分の強みを知る