コロナ対策

教員はコロナの抗体証明書があった方がいいの?実際はいらいない!

コロナの抗体証明書は必要ありません。
教員は、コロナの抗体証明書や免疫パスポート、健康証明書というようなものは不要です。

コロナの抗体証明書や免疫パスポート、健康証明書とは
検査をして、コロナにかからない抗体があった人がもてる証明書。チリなどの海外では発行している国がある。

一般の方
一般の方
学校の先生からコロナがうつったら大変!先生って抗体証明書がいるんじゃないの?
学校の先生
学校の先生
これだけコロナと騒がれているから…コロナの抗体証明書は必要なのだろうか?
桜木きよ
桜木きよ
こんにちは。桜木きよです。
学校が再開となっても、コロナについての不安はつきまといます。
教員はコロナの証明書は必要ないんです。

この記事では、こんな疑問に答えます。

  • 教員はコロナの抗体証明書がいるの?
  • なぜ、教員はコロナの抗体証明書がいらないの?
  • 子どもをコロナから守るには、どうすればいい?

コロナの抗体証明書は必要ないことが分かれば、学校現場で教員は堂々と活躍することができます。
教員のコロナの抗体証明書に関して、知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

教員はコロナの抗体証明書があった方がいいの?必要ありません。

教員はコロナの抗体証明書は不要

人は、病気が治ると、同じ病気にかかりにくくなる抗体をもつことがあります。

人によっては、コロナにかかりにくい抗体をもっているので、外国では、検査をして、証明書をもたせようとする国があります。

なぜ、教員はコロナの抗体証明書は必要ないの?

抗体をもっている人でも、再びコロナにかかる可能性があるから。

NHKによると、WHOは、「現時点では1度感染して抗体のある人が再び感染しない証拠はない」としています。

つまり、抗体証明書をもっていたとしても、人にうつしてしまうことがありえるのです。(参考:BBC

WHOは、多くの国に「抗体証明書を作らないように、国民にもたせないように」と伝えています。

教員はコロナの抗体証明書は不要なら、子どもをどう守ればいい?

学校再開になったら、教員はコロナから子どもを守る必要があります。

学校現場での、手洗い・うがい・換気の徹底

子どもたちにコロナにかからないように、手洗い・うがい・換気の徹底を指導しましょう。

また、教員自身がコロナにかからないように、学校だけでなく自宅でも注意が必要です。
自宅を掃除するなど、生活の衛生管理を良くすると、コロナにかかりにくくなります。

自宅を掃除する時は、合わせて除菌をしましょう。
詳しくは、関連記事をご覧ください。

https://kyoinlife.jp/uirususyodoku/

教員はコロナの抗体証明書は不要【まとめ】

教員はコロナの抗体証明書は必要ありません。

理由はこちら。

5月現在、日本政府はコロナの抗体証明書は発行していない。WHOは抗体証明書の発行を推奨していない。

連日、コロナに関するニュースが報道されているので、保護者が不安に思う気持ちは当然です。

教員は、コロナから子ども達を守るために、指導や環境を整えることが大切です。

学校や教室でのコロナ対策を保護者に伝わるように、情報発信をしていく必要があります。

【診断】教員の能力で「本当に向いている」ことを知る方法とは
  • 教員が本当に向いている仕事なの?
  • 本当はもっと自分が活躍できる場所があるんじゃないの?
  • 今の職場で力を発揮できないのは自分の甘えなの?
  • 周りにあれこれ言われて嫌になるのは、ただ単に自分に能力がないからなのかなぁ。
そんな悩みをもっている方に向けて、

『自分の強みを知って、自分に向いていることの見つけ方』

をお伝えします。
<診断>自分の強みを知る